薬剤師のやり甲斐

薬剤師の仕事のやり甲斐は何でしょう。複雑化する薬の飲み合わせの指導をこなして、患者さんの笑顔を見ることが出来たり、メンタル面のケアまでこなしたりした時には感じることが出来ます。社会貢献度は高い仕事であると言えます。
もちろん嫌なこともありますが、医療の仕事で人の役に立つという素晴らしいやり甲斐があると言えます。残業もあまりなく、プライベートを充実させることも可能な仕事です。家庭や家族中心に考えて勤務時間の調整も可能です。ブランクがあったり、子供が小さかったりしても、自分に合った職場があるものです。

今では職種ごとの求人情報サイトがあり、仕事を見つけ易くなっていますので気軽に探せて便利です。仕事そのものにやり甲斐を感じられない人もいますが、プライベートとの時間調整が可能なことなどから、家族との時間が取れることなどを励みにするのも良いでしょう。

それから、意外に多いのが、お金が稼げることに満足している人です。製薬会社の社員では、年収1000万円ほどになるので、休みごとに出掛ける海外旅行を目標にして毎日の仕事に励みます。薬局勤務で年収500万円程度であることから考えると余裕のあるお金の使い方が可能であることから、卒業後にすぐに薬局勤務に就かずに製薬会社に就職する人の気持ちが理解出来ます。