薬剤師になるには

薬剤師の仕事とは、処方箋に従って調剤をする担当の事です。調剤薬局などで働いており、東京薬科大学や都築学園が運営する第一薬科大学のような6年制の薬科大学を卒業して薬剤師国家試験に合格し、薬剤師免許を持っています。以前は4年制でしたが、より専門性を養うために2006年入学から延長されました。

では、どんな専門性が増したのかと言うと、医療技術の高度化から処方の提案や監査が必要になり、病棟で入院患者への対応の必要性が出てきたことによります。大昔は、医薬は分業ではありませんでしたが、医師による処方で、過剰にされたり薬漬けにされたりする危険性に対応して医薬分業が進められました。
日本では薬剤師不足の理由から、なかなか医薬分業は進みませんでした。現代では60%まで増えています。これまでの 主な薬剤師としては、有名大手化粧品メーカー創設者や、有名大手製薬会社の創始者、創設者や、薬科大の創設者などが挙げられます。

後発医薬品やスイッチOTCなどの専門知識も必要であるため、薬剤師の活躍の場は増えています。薬剤師国家試験の合格率は大体60%程度で、その免許証はカード型ではなく、何故か賞状の形体をしており持ち運びにはかなり不便です。提示を求められると持っていかなければなりません。調剤薬局でも薬店を兼ねている店舗では、販売の手伝いやレジのヘルプをしないとならないこともありますし、一般客の市販薬購入の際のアドバイスも仕事の一つです。専門のみを担当ではない職場もあります。