薬剤師の収入

専門的な資格を所有している仕事は、分野を問わず資格手当がついたり、もともとの給料か高かったりしますが、薬剤師の収入はどのようなものでしょう。この職種のアルバイトやパートの時給では、2000円以上が多いです。

統計を見てみると、平成25年の薬剤師の平均収入は月収が37万円で、年収にするとボーナスも含めて約533万円となります。年収や月収で聞いてもあまりピンと来ないものですが、時給に換算すると月給制ではない学生にも分かり易く、 平均すると2100円程度ですので、販売などのアルバイト金額に比べて2.5倍ほどになります。額だけ聞くととても魅力的なため、この仕事を目指したくなります。やはり資格はどのような時代でも強いものです。

実際にはどうかと言うと、薬科大学を卒業して薬剤師免許を取得した後、そのまま薬剤師になる人数は案外少ないです。免許を持っていればいつでも求人があるので、あせらなくても良い、という考えが多いです。薬剤師の収入に比べて製薬会社のMRなどはさすかに多いです。ほぼ倍くらいになることもあります。
行き先がない場合は、薬店に勤務が多いです。こちらはレジ打ち業務も兼ねてしまう場合があります。皆の憧れとしましては、大学での研究員が人気です。国公立大からだと稀に行くことが出来ます。