薬剤師のやり甲斐

薬剤師の仕事のやり甲斐は何でしょう。複雑化する薬の飲み合わせの指導をこなして、患者さんの笑顔を見ることが出来たり、メンタル面のケアまでこなしたりした時には感じることが出来ます。社会貢献度は高い仕事であると言えます。
もちろん嫌なこともありますが、医療の仕事で人の役に立つという素晴らしいやり甲斐があると言えます。残業もあまりなく、プライベートを充実させることも可能な仕事です。家庭や家族中心に考えて勤務時間の調整も可能です。ブランクがあったり、子供が小さかったりしても、自分に合った職場があるものです。

今では職種ごとの求人情報サイトがあり、仕事を見つけ易くなっていますので気軽に探せて便利です。仕事そのものにやり甲斐を感じられない人もいますが、プライベートとの時間調整が可能なことなどから、家族との時間が取れることなどを励みにするのも良いでしょう。

それから、意外に多いのが、お金が稼げることに満足している人です。製薬会社の社員では、年収1000万円ほどになるので、休みごとに出掛ける海外旅行を目標にして毎日の仕事に励みます。薬局勤務で年収500万円程度であることから考えると余裕のあるお金の使い方が可能であることから、卒業後にすぐに薬局勤務に就かずに製薬会社に就職する人の気持ちが理解出来ます。

薬剤師の収入

専門的な資格を所有している仕事は、分野を問わず資格手当がついたり、もともとの給料か高かったりしますが、薬剤師の収入はどのようなものでしょう。この職種のアルバイトやパートの時給では、2000円以上が多いです。

統計を見てみると、平成25年の薬剤師の平均収入は月収が37万円で、年収にするとボーナスも含めて約533万円となります。年収や月収で聞いてもあまりピンと来ないものですが、時給に換算すると月給制ではない学生にも分かり易く、 平均すると2100円程度ですので、販売などのアルバイト金額に比べて2.5倍ほどになります。額だけ聞くととても魅力的なため、この仕事を目指したくなります。やはり資格はどのような時代でも強いものです。

実際にはどうかと言うと、薬科大学を卒業して薬剤師免許を取得した後、そのまま薬剤師になる人数は案外少ないです。免許を持っていればいつでも求人があるので、あせらなくても良い、という考えが多いです。薬剤師の収入に比べて製薬会社のMRなどはさすかに多いです。ほぼ倍くらいになることもあります。
行き先がない場合は、薬店に勤務が多いです。こちらはレジ打ち業務も兼ねてしまう場合があります。皆の憧れとしましては、大学での研究員が人気です。国公立大からだと稀に行くことが出来ます。

薬剤師になるには

薬剤師の仕事とは、処方箋に従って調剤をする担当の事です。調剤薬局などで働いており、東京薬科大学や都築学園が運営する第一薬科大学のような6年制の薬科大学を卒業して薬剤師国家試験に合格し、薬剤師免許を持っています。以前は4年制でしたが、より専門性を養うために2006年入学から延長されました。

では、どんな専門性が増したのかと言うと、医療技術の高度化から処方の提案や監査が必要になり、病棟で入院患者への対応の必要性が出てきたことによります。大昔は、医薬は分業ではありませんでしたが、医師による処方で、過剰にされたり薬漬けにされたりする危険性に対応して医薬分業が進められました。
日本では薬剤師不足の理由から、なかなか医薬分業は進みませんでした。現代では60%まで増えています。これまでの 主な薬剤師としては、有名大手化粧品メーカー創設者や、有名大手製薬会社の創始者、創設者や、薬科大の創設者などが挙げられます。

後発医薬品やスイッチOTCなどの専門知識も必要であるため、薬剤師の活躍の場は増えています。薬剤師国家試験の合格率は大体60%程度で、その免許証はカード型ではなく、何故か賞状の形体をしており持ち運びにはかなり不便です。提示を求められると持っていかなければなりません。調剤薬局でも薬店を兼ねている店舗では、販売の手伝いやレジのヘルプをしないとならないこともありますし、一般客の市販薬購入の際のアドバイスも仕事の一つです。専門のみを担当ではない職場もあります。